私たちは深いところでつながっている

ー 世界同時瞑想 「Flower of Love」へのお誘い

「人間は、深いところでみんなつながっている」

突然ですが、そんな風に感じた経験はありませんか?

私はときどき、あります。
こんな本読みたいなぁと思っていたら人から「まさにそれ!」という本を人から紹介されたりうれしくなったり、うちの奥さんの食べたいおやつがパッとわかってほっこりしたり…。

一方で、イライラや恐怖といったマイナスの感情も、家族や会社の身近な人同士で共有しているんじゃないかと思う時もあります。

「そんなの単なる偶然の一致だよ」
こうした一言で片付けることもできますが、ユングという心理学者は、「集合的無意識(Collective Unconscious)」という概念をもちいて、私たちは深いところでつながっていることを説明し、多くの支持をえました。

このサイトを訪れて頂いたあなたなら、「そうかも!」と思うかもしれません。

「自分が幸せになることが、まわりの人を幸せにする」

自分の幸せなときは、まわりの人も幸せになったり、幸せな人があつまってきたりする。
そんな経験をしたことはありませんか?

もちろん、あなたの笑顔がまわりの人を良い気分させるということもありますが、ユングのいうように「私たちの幸せ」というものが深いところに存在していて、それが広がることでみんながアクセスしやすくなるのかもしれません。

「世界同時瞑想」というイベント

ちょっぴり前置きが長くなりましたが、2014年12月21日に、世界同時瞑想というイベントがひらかれます。

初耳の方がほとんだと思いますので、説明をすると

「世界中のみんなで集まって愛と平和を祈ったら、きっと世界が愛と平和にあふれるに違いない。だから12月21日はみんなで集まって、同時に瞑想して祈ろう。愛のムーブメントを起こそう!」

というイベントです。

meiso

一昔前なら「そんな荒唐無稽な!」と一蹴されそうなイベントです。
ところが人類の集合無意識「私たちの幸せ」は、愛の方向にむかって大きく前進しているようです。

なんとこの日は世界中1,170か所以上で、人種や宗教をこえて世界同時瞑想イベントが開催されるのです!

worldmap-pc

すごいですね…。

世界瞑想に参加するイベントを開きます!

この日は、人類の歴史で間違いなく最大級の愛と平和のエネルギーが発生する日です。
ドラゴンボールでいうならば、世界中の愛の「元気玉」が作られる感じですね。

「私たちは深いところでつながっている」
と感じはじめていた私は一つの可能性にかけてみたいと思い、ふだんから懇意にさせて頂いているスピリチュアルショップのオーナー石崎洋一さんといっしょに、世界瞑想に参加するイベント「Flower of Love」を開くことにしました。

世界同時瞑想 flower of Love 12月21日
http://www.flower-of-love.net/

これはかなり新しい試みでかなりドキドキワクワクもしています。
最近は、祈りの効果が科学的にも実証されてきていますが、もし世界中の人々が、一度に愛と平和を祈ったら、どうなってしまうのか!?

そんな新しい試みですが、あなたも参加してみませんか?
きっと、素晴らしい未体験ゾーンがあなたを待っていることでしょう。

世界中の平和と愛の祈りのパワーを、頂いてしまおう!

ヨーロッパ、アフリカ、アジア、北南米、オセアニア…のあらゆる人々が祈った「私と人類に愛と平和」という集合無意識にタッチしましょう。

そして、そこからエネルギーをもらって、幸せになりましょう。
それが世界の平和につながっていきます。

12月21日に開かれるイベント「Flower of Love」は、世界瞑想に加え、楽しいゲームや、クリスタルボールの演奏、その他楽しいことをたくさん用意する予定です。参加費は無料ですので、気軽な気持ちで参加してみてください。ミューザ川崎という川崎駅徒歩3分の会場でひらきます。

年末の心の大掃除として参加してもいいし、楽しいクリスマスの前イベントとして参加しても大丈夫です。

「人生を好転させたい」という人も、「世界の愛と一体化してみたい」という人も、世界平和はわからないけど好奇心はある人も、すべての人も。
みなさんのご参加をお待ちしております!

世界同時瞑想 flower of Love 12月21日
http://www.flower-of-love.net/

▼コメント・感想をお待ちしています! ▼関連記事をもっと読む

Comments are closed.

  この記事をツイートする  作者をフォロー
  この記事をシェアする  作者をフォロー
  はてなブックマークする  Feedly 追加する
  tumblrでシェアする  Feedly 追加する
  この記事を共有する  作者をフォロー