「自分を変えられない!」から自由になる5ステップ

ー 自分を不自由にしている自己イメージの変え方

6882423442_bdf0eafb28_z

自分をダメにしてしまう自己イメージ

「どうせ私は○○」
「私は○○したらダメ」
「私は○○すべき」

このような「自分をしばってしまう自己イメージ」を抱えてしまっていて困ることはありませんか?
例えば…

「どうせ、私の意見は通らない」
「私は人に甘えてはダメ」

私たちは、多かれ少なかれ、このような自己イメージをもとに、毎日、会社や学校、家庭で過ごしてしまっているのです。

そのせいでなかなか、自分が変えられない。

・なんだか煮え切らない毎日
・強く当たられる毎日
・自分の居場所がここではないと思う毎日

を送っているかもしれません。場合によっては、心が疲れきり、クタクタな人もいるでしょう。私も同じ体験をしたので、よくわかります。

これらの自己イメージは一体、いつどこでできたのでしょうか?
性格?生まれつき?運命?

そして、どうすれば自分を変えられるのでしょうか?

自分=自己イメージのルーツは?

自分というものを形作るこれらの自己イメージのほとんどは

「幼少期や家族関係のなかで、自分が傷つかないように作ったルール」

なのです。

えー!ホントに?と思うかもしれませんが、心理学の研究では自己イメージのほとんどが幼少期につくられているという研究結果があります。

あなたも目をとじて思い返してみてください。

「どうせ、私の意見は通らない」
→お母さんが家のなかで、まともに話を聞いてくれずいつも否定されていた。ショック。

「私は、人に甘えてははダメ」
→お父さんが威厳的で、何でも一人でできるように厳しく育てられた。ビクビクした。

幼少期の頭のやわらかい頃に作った自分という自己イメージ(=ルール)は、後の人生、ずーっと残ってしまっているものなのです。

ルールを作って、安全は確保しているけれど…

これらの自己イメージ(=ルール)はあなたの「安全」を守ってくれているのかもしれません。

しかし、冒頭でもお話したように「あなた本来の自分らしさ」を損なっているものでもあります。

もし今すでに、毎日が行き辛いとおもっているのなら、それはルールを変える時がきた証拠です。

「え~、でも安全は手放したくない」
……そう思っちゃいますよね。。

その安全は幻想

あなたが「怖がっているもの」は、今現在も存在しているのでしょうか?
また、そのルールは本当にあなたの安全を守ってくれているのでしょうか?

今、こう問いかけてみてください。

もしかして、、、
過去のルールを守っているから
傷ついていないんじゃなくて
過去のルールを守っているから
今傷ついているんじゃないの?

過去のルールを捨ててしまえば自由になれるんじゃないの?

と。

たとえば、

・意見を通すと傷つくのではなく、人に意見を言っていないから色々と問題がおきて傷ついている?

・人に甘えると傷つくのではなく、人に甘えられてないから色々と問題がおきて傷ついている?

たいていの場合、人生という長い時間を過ごすなかで、自分も環境も大きく変わっているものです。そして、幼少期に作り上げた安全対策は、ほとんどがもう時代遅れ。というか悪さすらしている。

今こそ、勇気を出して自己イメージ(=ルール)を変えるときです。

でも、どうやって自己イメージ(=ルール)変えればいい?

しかし、自己イメージ(=ルール)は、そうカンタンに変えることはできません。

なぜなら、そこには
「ルールを破ると、傷つくコワイ~!」
という思考をこえた「感情」がくっついているからです。

その怖さに対処せずして、無理やり自己イメージ(=ルール)を変えても、心は納得できず、すぐに元通りになってしまうのです。

なので
次のステップを踏んで自己イメージ(=ルール)を変えていきましょう。

自分を変える5ステップ

1.自己イメージとルールを特定する
「どうせ、私の意見は通らない」

2.そのルールができた出来事を思い出す
お母さんが家のなかで、まともに話を聞いてくれずいつも否定されていた。

3.その出来事と関連する出来事をできる限りリアルに思い出して、今ここで、再体験する。
紙に書き出したり、人に話したりすると、整理しやすいです

4.記憶の誤りに気がつく
「怒られてたのは、『いつも』じゃなかった」
「意見もたくさん通ってた」
「ショックな出来事ばかり覚えていたけど、優しい時の方が多かった」

5.感情レベルで安心して、ルールを手放す
「ああ、私は意見を言っていんだ。意見をいうのは、怖くない。私の意見は有効で、しっかりと通る時もあるんだ」

こうなれば、明日から異なったあり方となり、異なった見方で世界を眺め、異なったやり方で物事をすすめられるようになります。

できましたか?
とてもスッキリしますよね?

うまくできなかった人、もっと深く納得したい人は

上記のステップがうまくできなかった人、そしてもっと深く納得して明日を変えていきたい人がいたら、良いセミナーがあります
(いきなり宣伝スイマセン)

「幼少期・家族関係を癒して、自分の大切なものを中心に生きる」
カウンセリングセミナー

2014年8月16日(土)川崎

こちらでは、セミナーという場で、もっと臨場感ゆたかに、こころの深いところまで入っていきます。

参加者や私たちと内容をシェアしながら、自己イメージを変えるにとどまらず、「自分の宝物」を探す旅にでかけましょう。

▼コメント・感想をお待ちしています! ▼関連記事をもっと読む

Comments are closed.

  この記事をツイートする  作者をフォロー
  この記事をシェアする  作者をフォロー
  はてなブックマークする  Feedly 追加する
  tumblrでシェアする  Feedly 追加する
  この記事を共有する  作者をフォロー