迷って決められない・決断できない時の「ウェイティング比較表」

ー スッキリ納得して進むための6ステップ

「うわっ…、私って優柔不断すぎ…?」

th_walkin

「う〜迷う。決められない」
「どっちも一長一短だよなぁ」

大事な決断をするときや、高価なお買い物をするとき、人生の岐路に立たされたときなど、スパっと決められない問題に出くわすことがあります。

寝る前にうーんうーん、と唸りながら、思考がまとまらず時間だけが過ぎていく…。

こういう時は、次の「ウェイティング比較表」で考えると
「こっちにする!(くわっ)」
とスッキリ決められたりします。
(ウェイティングというのは、weighting 重み付け。重み付けした比較表、という意味です。) 

それでは具体例にしたがって、見てみましょう。例題は「iPad、Airを買うか、miniを買うか」。もしあなたも迷っていることがあったら、頭に思い浮かべてお試しください。

ノートもしくは、Excelを立ち上げて、スタート。

 

STEP1. 「重要だと思うこと」と思うことをバーッと書き出す

まずは「重要だと思うこと」=「重要ポイント」をツラツラと書き出してみましょう。

iPad が欲しい。でも Air と mini どっちにする?一体、タブレット買って何がしたいと思っているの?「何が重要だ!」と思っているの?

下記は私の例です:

・ワイン雑誌が読めること
・大きな画面で海外ドラマがみれること
・タッチペンでノートを取れること
・ブログを更新できること
・手軽に資料や文書を見れること

深く考えないでバーッと書くのがコツです。

 

STEP2. それぞれの「重要度」を5段階評価する

1を最低、5を最高として、重要度を書き込んでいきます。

・ワイン雑誌が読めること … 重要度3
・大画面での海外ドラマ視聴 … 重要度2
・タッチペンでノートを取れること … 重要度5
・ブログを更新できること … 重要度4
・手軽に資料や文書を見れること … 重要度3

このようにして、重要ポイントを重み付け=ウェイティングするわけです。 

 

STEP3. それぞれの選択肢が「重要度」をどのぐらい満たすか5段階で評価し、「満たし度」を記入する

それぞれの選択肢(ここではiPad Air と iPad mini)が、どのぐらい重要ポイントを満たせるか?1を最低 5を最高として「(重要度)満たし度」を書き込んでいきます。

・ワイン雑誌が読めること … 重要度3 … Air 5 / mini 3
・大画面での海外ドラマ視聴 … 重要度2 … Air 5 / mini 3
・タッチペンでノートを取れること … 重要度5 … Air 5 / mini 3
・ブログを更新できること … 重要度4 … Air 5 / mini 4
・手軽に資料や文書を見れること … 重要度3 … Air 3 / mini 5

 

STEP4. 「重要度」とその「満たし度」をかけ算して「点数」を出す

下の例でいうと、「ワイン雑誌をよめること」の重要度は3。その満たし度はAirが5で、miniが3。Airの点数は重要度3×満たし度5=15点、miniの点数は重要度3×満たし度3=9点と記入。

・ワイン雑誌が読めること … Air 15点 / mini 9点
・大画面での海外ドラマ視聴 … Air 10点 / mini 6点
・タッチペンでノートを取れること … Air 25点 / mini 15点
・ブログを更新できること … Air 20点 / mini 16点
・手軽に資料や文書を見れること … Air 9点 / mini 15点

こうすることで単なる比較表とは違い、「私はこれが大事!」というパーソナルな重み付けが加味された比較表、すなわち、「ウェイティング比較表」ができあがります。

 

STEP5. 選択肢ごとにすべての点数を足して、大きい方に決める!

・ワイン雑誌が読めること … air 15点 / mini 9点
・大画面での海外ドラマ視聴 … air 10点 / mini 6点
・タッチペンでノートを取れること … air 25点 / mini 15点
・ブログを更新できること … air 20点 / mini 16点
・手軽に資料や文書を見れること … air 9点 / mini 15点
―――――――――――――――
合計 air 79点 / mini 61点

となり「iPad air を買う!」とズバッと決断できます。すっきり納得。

 

FAQ よくあるご質問

Q.出てきた結論が、正しくない感じがします。
A.それは書きだされていない他の「重要ポイント」がまだ存在していることを意味しています。 リアルガチで重要なことは何ですか?あるいは重要度・満たし度の評価が、自分とあっていないか、です。

Q.重要ポイントや満たし度の評価に自信がありません。
A.すでに問題点は分解されて具体的になったので、Googleで調べたり、先人・経験者に聞いてみたりしてみてはいかがでしょうか?頭のなかだけで考えているときより、格段進んでいるはずです。

Q.選択肢が3つ以上でもできますか?
A.できます。普通に3つ目の選択肢を加えて、満たし度をかけばOKです。

Q.選択肢の合計点数が同じになってしまいました。
A.その場合はサドンデスで、最も重要度の高いものの満たし度を比較して勝っている方を採用しましょう。 

 

決められないのは、頭のなかで整理しきれないから

こうして6ステップに段階をわけて、重要ポイントと評価ポイントを一つ一つシンプルに調査し考えていけば、簡単にどちらがいいのか見極めることができます。

あなたも何かモヤーとして、ずっと決められないことがあったら、お試ししてみてはいかがでしょうか?

▼コメント・感想をお待ちしています! ▼関連記事をもっと読む

Comments are closed.

  この記事をツイートする  作者をフォロー
  この記事をシェアする  作者をフォロー
  はてなブックマークする  Feedly 追加する
  tumblrでシェアする  Feedly 追加する
  この記事を共有する  作者をフォロー