「場所×時間」でリマインドしてくれる無料アプリ「Map-it」が素晴らしい

ー ロケーション(場所)リマインダーはついに実用的になった

頭のなかを常に空っぽにし、余計なことを考えないようにする。そして、目の前のことに100%集中する。

そのために「今・ここ」で考えなくていいことはすべて、リマインダーに突っ込んでおく。

こうすることで、この瞬間を幸せに過ごしたり、仕事に深く集中しパフォーマンスをあげることができます。

Free

昔、こんな記事も紹介しました。
「リマインダーの活用法」―集中力をアップさせ、時間を効率的に使う方法 

しかし、今までのリマインダーは「M月D日H時M分に何をする!」という時間ベースの登録方法のみ。そのため「ある場所についたらリマインドする」ことが不得意でした。

たとえば、会社帰りに何かリマインドしたいときは退社時刻を予測してリマインダーを登録していたのですが、予測は往々にして外れるもの…。

関係ない時間にブーブーとアラームがなり「もおっ!」と思って消してしまい、実際に目的の場所についた時は、気が付かず通りすぎてしまうなんてことが多々ありました。かなぴい。

 

ロケーション(場所)リマインダーが登場!しかし多くの欠点が…

そこで満を持して登場したのが、場所を到着・出発したときにアラームでお知らせしてくれるロケーション(場所)リマインダーです。 

iPhoneの標準リマインダーアプリに、このロケーションリマインダー機能が搭載されると聞いたとき、「これが待ち望んだ機能だ」と私は色めき立ちました。

しかし、実際に使ってみると欠点があり、実用に耐えないものでした。 

・欠点1: 電池消耗がハゲしい
バックグラウンドでGPSがずっと現在地をチェックしているからか、バッテリーの減りが早くなる。

・欠点2:アラームがならない時がある!
目的地についてもアラームがならない。「あれっ、通りすぎているじゃん!もお~」ということがよくある。

・欠点3:スヌーズ機能がない
ポケットにiPhoneを入れていると、アラームが鳴ったことに気がつかない。

いつしか私はこの機能を使わなくなってしまっておりました。 

 

高精度・省エネ ロケーションリマインダー「Map-It(マピット)」登場。

 しかしそんなある日、App Store でMap-it(マピット)とういアプリを発見しました。無料だったのでお試しダウンロードして数週間使ってみました。感想は

「ついにロケーションリマインダーは実用段階に達した」(バンザ―イ)

 という感じです。

Mapit icon

地味に素晴らしいんです、コレ。

Mapit 1

 

素晴らしい点1:時間を絞ったGPS起動で、省電力を実現

先ほどロケーションリマインダーは、常に現在地をチェックし続けるので電池消耗がとてつもなく使い物にならん!と書きました。

しかし、このMap-It(マピット)は、「何時から何時の間に、この場所についたらリマインドする」という設定が可能であり、その時間外のGPSによる電池消耗を抑えてくれるのです。

たとえば、「会社帰りにレンタルDVDを返したい」とします。
その場合は、「”20時~22時の間”に、TSUTAYAの半径20メートルに近づいたら」という感じで設定ができます。

Mapit 2

こうすれば、今まで24時間動いていたGPS起動時間が、2時間(マイナス22時間!)に減らせ、バッテリー消耗を大幅にダウンできるというわけです。

 ・事務所に戻ってきたら、あの人に速攻メールを出す (打ち合わせが延びても大丈夫)
・スタバを出たら、お金を下ろしにATMに行く(出る時間がずれても大丈夫)

こんな使い方も、思う存分できます。

 

素晴らしい点2:ちゃんとアラームが鳴る (これはスゴいことなんだ)

アプリの内部処理はわかりませんが、Map-it(マピット)はiOS標準のリマインダーと違い、「おいっ!リマインダーが鳴らなかったじゃないか、通り過ぎちゃったよ!」というようなことはありません。

Map-itは徒歩、車、電車、地下鉄の全ての利用シーンで動作するよう延べ10,000時間を超える入念な動作テストを行っています。

オフィシャルサイトより

 製作者さんが言うとおり、「うんうん、よくテスト&チューニングがよく出来ているなぁ」感があり、ちゃんとアラームが鳴ります。リマインダー厨の私としては、この精度と安定性、感謝カンゲキ雨嵐です。

 

素晴らしい点3:「再通知するボタン」を押さなくても、自動スヌーズしてくれる

ポケットにiPhoneを入れていると、アラームが鳴っても気がつかないこと、ありますよね。iOSの標準リマインダーは、「再通知する」ボタンを押さないと、再通知してくれないので、「ガッデム!鳴ってたんかいな!」と後で悔しい思いをすることがあります。

しかし、Map-it は自動でしつこく何回もスヌーズしてくれるので、ちゃんと気が付きます。 

 

素晴らしい点4:「曜日くり返し指定」と、「○月○日以降に~」設定ができる

さらに、こんなことも。

 「毎週何曜日に」という指定ができます。
・月曜日の通勤時にキヨスクに立ち寄ったら、月曜日発売の雑誌を買う
・木曜日はパン屋の3割引きデー。ランチタイムにお店の近くにいったらリマインド

Mapit 3

「○月○日以降に~」設定という設定もできます。
・4月1日以降の会社帰りの駅到着時に、お誕生日プレゼントを買うのをリマインド
・クリーニングが完了する4月1日以降、お店に通りがかったらリマインド

Mapit 4

場所をベースにした、くり返しタスクができる。これ、よくよく考えるとすごい。 

時間が絞り込まれるのでバッテリー節減にもなるし、よりピンポイントで具体的なリマインドができてgood。

 

無料なので、試してもらいたい。 

このアプリ、無料なのでお気軽に試してみてください。

Map-it(マピット)

リマインドするときに入れる文章のコツはこちらをご覧ください。

「To-Doリスト」の完了率をラクラク100%にあげる方法

とにかく、頭のなかのものを外に出して、常に軽い状態でいましょう。そして、リマインドされた、即実行。

「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と頭のなかでホールドしつづけているものがなくなると、アイデアや感謝がたっくさん湧いてくるものです。

お試しあれ。

▼コメント・感想をお待ちしています! ▼関連記事をもっと読む

Comments are closed.

  この記事をツイートする  作者をフォロー
  この記事をシェアする  作者をフォロー
  はてなブックマークする  Feedly 追加する
  tumblrでシェアする  Feedly 追加する
  この記事を共有する  作者をフォロー