スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  幸せになりたい  > 

「夢の見つけ方」― 夢・やりたいことを思い出す7つの質問

http://www.earthinus.com/2011/06/remember-your-dream.html
おすすめ度:ライフワーク

0603flotop.jpg


夢がないのではなく、眠らせているだけ。


あなたの歌を奏でないまま、死んではいけない
ウェイン・ダイアー

 小さい頃は夢があったけれど、今は何が夢かもわからない。
 そういう人は多いのではないでしょうか。

 人の記憶は、思い出したくない嫌なことを深く隠蔽(いんぺい)してしまいます。
 たいていの場合は、夢がないのではなく、夢にくじけたり、夢に現実性を感じられなかったりする過程の中で、それを心の奥底にしまいこんでしまっているのです。

 テレビで「夢を追いかけろ!」と熱心にいってくるあの人。とても暑苦しいですが、ちょっと羨ましいとも思う部分もあったります。事なかれ主義の退屈な毎日を生きる中で、夢を叶える人生には強いあこがれを抱くものです。

 誰にも言い出せない、このうちに秘めた暖かいエネルギー。
 注がれる場所を探しています。
 このまま何もせずに死んだら、後悔する。

 心の奥底で眠っている夢を、思い起こしてみませんか。
 次の7つの質問をノートに書いてみたら、一度はあきらめた夢の正体がわかってくるかもしれません。


「夢を思い出す」きっかけをくれる7つの質問

[質問1]生活費以外で一番、お金を使っているものは何?
 あなたが日常生活で、無意識のうちにやっていることにヒントがあります。
 一番お金を使っていることは、一番自分が価値があると見いだしていること。
 表面的にはくだらない買い物かもしれません。
 「どうしてそれにお金を払っているのか?」
 「これを買って、本質的には何を得ようとしているのか?」
 それを探し出すことが大事です。


[質問2]時計の針を戻せるとしたら、どの時代に戻って何からやり直す?
 まずは何も考えず、答えを書いてみる。
 昔に考えた現実性のない大それたことが、ポンポンでてくる。
 この質問の意図は、「あなたがもう不可能だ」と思って無意識のうちにあきらめていることをあぶり出すことです。
 書き出したら、こう聞いてみましょう。
 「本当の本当に絶対、今からじゃ、不可能なの?」


[質問3]一個だけ世界一の能力を貰えるとしたら何を貰う?
 これも質問の意図は上と同じです。
 制約をはずして考える事で、一度くじけて眠っていた夢を思い出すきっかけになります。


[質問4]幼少期に時間を忘れてハマっていたことは?
 小さいころ、熱中していたことにはヒントがあります。
 才能や金儲け、現実性、前例などをあれこれ打算を一切せず純粋に生きていた時代。
 夢はこれを、大人の世界に持ってくる作業です。


[質問5]お父さんとお母さんから受け取った才能(ギフト)は?
 意外と親の能力は受け継いでいるものです。
 また、父親と母親でどうしてその場所で出会って、どうしてあなたが生まれたのか。
 あなたが映画の主人公だったとして考えてみると、筋が通ることがあります。


[質問6]目をつぶって浮かんでくる10年後の輝かしい未来は?
 これはフューチャーペーシングという技術です。
 左脳から論理的に未来を導くのではなくて、もっと自由に右脳からイメージした未来を感じ取るという方法です。
 いつもの「現実的な私」はオフにして妄想してみてください。


[質問7]恥ずかしすぎて言えない「やりたいこと」
 絶対に人から否定されたりバカにされたりしてはいけない大切な夢を「恥という感情」で包み隠している場合があります。
 夢ほど大切なモノはなく、それが壊れたら人生の終わりだと思っているのです。
 ここでは、人に言わずに自分だけに明かしてみます。


あなたは自分が何になりたいかを知っている。

スティーブ・ジョブズは言った。
 「あなたの時間は限られている。それを他人のために浪費してはいけない。他人の考えの結果に囚われてはいけない。他人の意見によって、自分の内なる声をかき消してはいけない。一番大切なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。あなたは自分が本当は何になりたいかを知っている。それ以外は二の次だ。」

 今、夢を起こす時が来た。


記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!