スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  自信がない  > 

「男らしさ」なんて捨ててしまえ ―"Man Box"という名の牢獄

http://www.earthinus.com/2011/05/man-box.html
おすすめ度:自分らしさ

9歳の息子にこう尋ねましたことがあります。
「もし、"男らしさ"にこだわらなくていいとしたら、人生はどう変わると思う?」
息子は言いました。「自由になれる」と。

トニー・ポーター


男らしさを捨てれば、自由になれる

20110521alone.jpg 「俺は、結婚なんてしないよ。」
 実家に帰ったある日、心配する母親にこう告げたことを今でも覚えています。
 母親の顔がみるみる、悲しく曇っていくのを見て、とてもバツが悪かった。

 心のなかでは結婚をしたいと、願ってはいました。
 しかし、責任をもって勇敢に戦い、家族を養うお金を稼ぎ、どんなにつらくても逃げ出したくても動揺をせず完璧を演じ、四の五のいわずに妻と子どもをついてこさせる。

 ――そんな「男らしい」ことできるわけがない。
 そう、おびえていたのです。

 トニー・ポーターは、男らしさを「Man Box」と表現しています。
 私は「男らしさ」を守るがためだけに(チキンヤローと言われないために)、やりたくもない数々の"人生のバンジージャンプ"を嫌々飛んできました。また、男らしさを全うできない恐怖のために、自分を正当化してその場から逃げ出した経験も数知れず。

 まさに「Man Box」とうい名の牢獄に入っていたのです。

 今は「男らしさ」というバカバカしいものは、捨てて生きることにしています。

  • 毎日を女々しく繊細に感じながら生きています。
  • つらいときは、あからさまにヘコんだり泣いたりします。
  • 対抗心は、燃やしません。
  • ムスッとせずに、女性の心をの理解に努めています。
  • 人に甘えます。
  • 戦わなくても、お金を稼いだり、向上したり、人の役に立てたりすることを知っています。

 母親を落胆させた数年後、神の憐れみか、奇跡が重なり私は結婚することができました。
 「男らしくない」私ですが、妻は愛してくれています。


This article is INSPIRED by
  トニー・ポーター:男達への提言 via TED


(日本語字幕がでます)


記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!