スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  人間関係の悩み・人見知り  > 

「断る基準」 ― 自信をもって「No」を言えない時の判断方法

http://www.earthinus.com/2011/05/how-to-say-no-easily.html
おすすめ度:断る

「三方良し」かをチェックすると、Noを楽に言えるようになる。

no0528top.jpg 誰かに頼まれごとをして「No」を言いたいのに、言えなかったときはありませんか?

 Noなんて、言いづらい。
 Noを言うなんて、自分のワガママなんじゃないのか?
 Noを言うなんて、間違えていない?

 自分の発する「No」に自信がもてず、言い出せない。
 言ったあとに「悪いことしちゃったなぁ」「前向きじゃなかったかなぁ」と後悔する。こんなことがよくあります。

 こんな時は「三方良し」で考えてみましょう。
 この言葉は近江商人の活動の理念を表す言葉で、「売買をするときは、売り手も、買い手も、世間も幸せになるようにせよ」という理念を表した言葉です。

 Noに自信が持てないときは、あなたと、相手と、社会が「三方良し」かを検証してみるのです

 これは、相手だけが得をしている。
 これは、自分だけが犠牲になっているな。
 これは、社会のためにならない。

 三方良しなら、三方発展。
 どれか一つでもダメならば、三方共倒れ。

 だから、一つでも「良し」でなければ、自信をもって「No!」を。
 三方良しなら「Yes」にチェンジを。

 本当の「いい人」はNoと言わない人じゃない。
 長期的に三方の利益が最も大きくなるように考える人だ。

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!