スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  シンプルな生活・人生  > 

シンクロ率100%! あなたと一体化する「人間工学デザイン」ツールたち

http://www.earthinus.com/2011/05/good-tools.html
おすすめ度:文房具

最高の道具とは何か?

 私たちは仕事やプライベートで様々な道具に囲まれていますが、
 あなたにとって最高のツールとは、何でしょう?

 高級でかっこいい道具?
 使いなれている道具?
 それとも、かゆいところに手が届く道具?

 人それぞれ思いはあると思いますが、「それを使っていることを忘れるほどに、体に一体化する道具」があったら素晴らしいとは思いませんか?
 今日は一見カタチは変だけど、人間工学にもとづいて設計され、あなたとシンクロ率100%になるであろう人間工学デザインのツールを紹介します。


STABILO 's move ...「手のひらと一体化するペン」

 ペンというのは、どうして「真っすぐ」なのだろう。
 人間の手は「真っすぐ」じゃないんだから、フィットするわけがないじゃないか。

 ドイツの老舗文房具メーカー"STABILO(スタビロ)"は、そう考えました。
 そして、常識を捨てて本当に持ちやすく書きやすいペンをゼロから考えた。
 それがこの「STABILO 's move」です。

stabilo.jpg

 はじめてこのペンを見たとき、ハッキリ言って変な形だと思った。これが使いやすいだなんて、想像もつかなかった。
 だけど手にした瞬間に、すべては理由があってデザインされていることを知る。

  • ペンが曲がっているのは、親指と人差指の間にフィットするため。
  • ラバーグリップの切れ込みがあるのは、人差指・親指・中指でペンを押さえやすいように計算されているから。
  • 右手用と左手用がわかれているのは、手が左右対称ではなくそれぞれに最適化されているから。

 とにかくフィット感が気持ちよくて、書く必要がないときも握っていたくなる。
 描きはじめると手のひらと一体化して、スイスイとイメージが紙に現れていく。

 少しペン先が太いのは改善して欲しいけど、それ以外はパーフェクト。


Microsoft Natural Ergonomic Keyboard ... 「脳と一体化するタイピングキーボード」

 パソコンのキーボードを長時間使っているせいで、ツラい肩こりや眼精疲労に悩まされている人は多いと思います?私もその一人で、朝 目が覚めるとズーンと肩が重くて、起きるのがおっくうになる日があります。

 どうしてキーボードは肩や手が疲れるのか?
 それはあの四角くて真っ平らなキーボードが、人間のためにデザインされたのではなく、コンピューターのためにデザインされているからではないでしょうか。

 そこで登場するのがこの変なキーボード。

  • キーの配列が「ハの字型」になっていて、肩をギュッと狭めなくても済む。
  • 手前が高く奥が低くなっているため、キーを打つときに手首や指を上に無理にあげなくて済む。
  • キーを打つときの負荷がちょうどよい柔らかさ。

ergo.jpg

 これなら何時間、タイピングしても疲れない。
 頭のなかで考えた文字が、魔法みたいにスクリーンに現れる。
 やはり道具はこうでなくっちゃあ、いけない。


テンピュール スリープマスク ... 「静寂と一体化するアイマスク」

 疲れているときは、真っ暗にしてグッスリ眠りたい。
 だけど、アイマスクをつけるとキツくて痛くて、外してしまう。
 そんな人はいませんか?

eyema.jpg

 このアイマスクは、低反発まくらで有名のテンピュール社がつくった最高傑作。ふわ~っと優しく顔をつつんで、あなたを暗闇と静寂につつんでくれます。眼球に布があたって痛くなったり、ゴムが頭をしめつけたり、隙間から光が入ってくることもありません。
 そんな問題は全部、解決ずみです。

 私は一日の終りに、このアイマスクをつけ、耳栓をして静かに瞑想をします。
 頭はすっきりと片付けられ、やすらぎの気持ちで眠りにつくことができます。


Vibram Five Fingers ... 「足と一体化するシューズ」

vibram.jpg

 2年前にこのシューズを買ったとき、みんなに笑われた。
 おばあちゃんには、「カッパみたいでみっともない!」と怒られて、とてもヘコんだのを覚えている。

 だけど今や、イチローや宮里藍といった名立たるスポーツ選手たちがこのVibram Five Fingersを愛用しはじめている。今では「ほれみろ~!」と心のなかでほくそ笑んでしまう。

 私はこのシューズが大好きで、以前にもこのブログで紹介しているので詳しくは下記を見ていただければ。初夏のジョギングに最適です。

  履いて歩くだけで健康になれる「裸足」のウォーキングシューズ


自分を自由にする道具

 道具を使いこなせる時もあれば、道具に使われてしまう時もある。

 悪い道具は存在を主張する。「その道具のやり方」にあなたを縛りつける。
 会社のコンピューターに入っている使いにくい業務ソフトみたいに。

 一方で、いい道具はその存在をすーっと消して、一体化し、シンクロ率100%であなたを拡張してくれる。あなたを自由にしてくれる。

 「その道具は自分を自由にしてくれるか?」
 そんな観点で、日ごろ使う道具を選びなおしてみるのもいいかもしれません。


記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!