スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  1min.  > 

「自分サーフィン」 ―抵抗しないで、波に乗る。

http://www.earthinus.com/2010/11/ride-on-wealth.html
おすすめ度:サーフィン

サーフィンから、学んだこと


「波は阻止できない。だけど、乗りこなすことならできる。」
"You can't stop the waves, but you can learn to surf."

Jon Kabat-Zinn

wavetop1.jpg サーフィンをはじめたのは、確か2年前の夏。
 海とたわむれたいという気持ちと、サーフィンできたらカッコいいなぁという邪な気持ちもあり、1日体験スクールに入りました。

 インストラクターの人に連れられて、大きなサーフボードをもって海に入る。パドリングをしながら、沖を目指す。空には太陽。

 砂浜がはるか遠くに見えるあたりまでくると、いよいよボードに立って波に乗る練習がはじまる。

 スノーボードを少しかじっていた自分。きっとチョロいに決まってる。
 波が来るのをまって、練習生の中で一番乗りにスタートした。

 両手で水をかいて、後ろから迫る波にあわせて、ボードに立つ。
 スノボのようにターンしてやろうと思った次の瞬間、世界が180度反転して、目の前で何が起きたかわからなくなった。

 「バシャーン!」

 気がつくと、水面に腹を強く打ちつけられ、大量の水を飲んだ。
 どっちが水面だかもわからずに、もがいてもがいて、ゲホゲホと涙目で必死で浮かび上がった。死ぬかと思った。

 インストラクターの人が言う。
 「波の向きは変えられないよ。サーフィンは、ただ波に乗るだけのスポーツなんだ。」
 力で抗ってはいけない。


あなたは、豊かさにサーフィンしてる?

 仕事でも人間関係でも何でも、自分ひとりで勝手に責任を感じて自爆してしまうことがよくある。
 「ここは、自分の力でどうにかしてやるぜ」

 そうポジティブぶって笑顔を振りまくたびに、ああしなきゃ、こうしなきゃ、とネガティブになってくる。頭がグツグツ煮詰まって、空回りして大怪我をする。

 そんな時、自分は「波」に乗ろうとしているのか、「波」に抵抗しようとしているのか冷静に問うてみる。

 「波の向きは変えられない。人生は、ただ波に乗るだけのスポーツさ」
 こう考えると、正しい場所に引き戻される。

 「波」とは、何だろう。

 それは「自分」だ。
 無いものねだりは、悲しいだけ。
 今、自分を一番うまく乗りこなすしかない。

 成功しているときはヒーヒーやらなくても、文字通り波に乗れている。
 豊かさのウェーブと一体化している。

 波に抗うのをやめるというのは、あきらめるとか、自分を殺すということではない。変な肩の力をぬいて、頭のあら熱を冷まして、すわっている目を穏やかに戻すこと。「きっとうまくいくさ」と、足もとにある"自分らしさ"に身をゆだねるということ。

 もう荒波にぶたれるのは、終りにしよう。
 これからは、自分サーフィンしよう。

wave02.jpg

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!