スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  仕事術  > 

iPhoneで「手ぶら」ノマドワーキング

http://www.earthinus.com/2010/10/minimalist-nomadworking.html
おすすめ度:ノマドワーキング

場所を選ばず、自由に仕事をするノマド(遊牧民)ワーキング

wnam.jpg> オフィスや家にしばられずに、場所を選ばず仕事をする「ノマドワーキング」が広がり始めています。
 すでに実践されている方も多いのではないでしょうか?

 「ノマド」とは、遊牧民の意味です。
 つまりノマドワーキングとは、遊牧民が旅をするように、自由な場所で仕事をするというワークスタイルです。

 ノートパソコンを持ち運び、マクドナルドやスターバックスなどのホットスポットからインターネットに接続し、仕事します。

 言葉こそ新しいものの、私たちはこのスタイルにとても親しみがあります。
 学生の頃、ファミリーレストランで勉強をしたら、思いのほかはかどった。企画書づくりを静かなカフェで行ったら、いいものができた。
 みなさんにもこんな経験がありませんか?

 場所を変えることで、頭が開放的になり、新鮮な気持ちで目の前のことに集中ができる。
 屋外の適度なざわめきと緊張感が、気持ちを引きしめてくれる。

 クリエイティブな仕事を要求される私たちに取って、これらは非常に大きなメリットです。ノマドワーキングを是非とも毎日に取り込んでいきたいものです。


しかし、そうはカンタンにいかない!

 しかし、そうはカンタンに行かないのが実情です。

「荷物の持ち運びが重たい!」...最近のノートパソコンは軽くなったとはいえ、まだまだ重い。仕事する時間より持ち運ぶ時間が長いのに、この体力消耗は避けたい。

「もう通信費は増やしたくない」...ホットスポットはまだまだ少ないので(あったとしてもチビッ子ゲーマー達がDSをしていてうるさい!)、実際は 高速モバイル(イー・モバイルやWiMAXなど)に契約をしなければいけない。これが高い。

「そんなに広いテーブルはない」...ノートパソコンを広げて、マウスをつなげて、コーヒーをこぼさないように遠くにおいて...、隣の人にとても迷惑。

「盗まれたらどうする?」...トイレに行ってる隙にノートパソコンを盗まれたらどうする?

「電源を貸してくれる店は少ない」...ノートパソコンはバッテリーがすぐ切れる。それに充電がいつも満タンとは限らない。勝手につなげば電気ドロボーです。

 ホットスポットがあって、電源も貸してくれて、静かで落ち着いて、テーブルも大きくて、治安のいいカフェを、重たいパソコンを抱えて探し回っていたら、遊牧民というより、単なる徘徊者です。
 とてつもなく、体力と時間の浪費を浪費します。

 「あーぁ、手ぶらで仕事にでかけられたら、最高なのになぁ」
 そんな風に思ってしまいます。


ノマドワーキングこそ、ミニマリスト(最小限主義者)の出番だ

 遊牧民は、ゲルと呼ばれるシンプルな家屋に住みます。
 このゲルはたった数十分で組み立てたり、分解することができます。
 それを支えているのは、シンプルな構造とミニマルな部品。

 私たちもノマドワーキングをしたいなら、シンプルかつミニマルにしなければならない。

 ミニマリスト(最小限主義者)なら、以下の2つに絞り込む。
 ポケットにいれて「手ぶらで」でかけられる身軽さを実現しよう。

  1. iPhone 3GS (iOS4搭載) もしくは iPhone 4
  2. rkeyboard.jpg
  3. リュウド Bluetooth キーボード
    ※無線で使える折りたたみiPhoneキーボード
    ※よく豆粒のような小さなキーの打ちにくいキーボードが売られているが、これは違う。ブランドタッチできる十分な大きさ。
    ※しかもiPhoneスタンドつき。

 

ミニマル・ノマドワーキングのメリット

 まず、利用法はあとで説明するとして、まずはミニマル・ノマドワーキングのメリットを説明します。

「空気のように軽く かさばらない」... iPhoneはジーンズの前ポケットに。キーボードは折りたたんでお尻のポケットに。手ぶら、自由。

「追加の通信費はいらない」... すでにSoftbankの定額の3G回線を契約済み。動画を見るわけではなく断続的なファイルのやりとりのみ。ブロードバンドはいらない。

「コンパクトで省スペース」... iPhoneをたてて、キーボードをひろげるだけ。スターバックスの小さな丸テーブルでも十分OK。

「盗まれない」...トイレに行くときは、全部 ポケットにいれて行く。もう焦ってオシッコをする必要はない。

「電源はいらない」... iPhoneは電池がもたない、というが腐っても携帯電話。バリバリ使っても、半日はもつ。

「クラウドにつないで、PCと同期」... dropboxなどのオンラインストレージにつなげば、会社や家のデスクトップPCと同期可能。

「ファイルの編集だってお手の物」... テキスト形式に、マインドマップ、手書きに、Word、Excel、PowerPoint。なんだって編集できる。

「操作性もバッチリ」... Bluetoothキーボードには、ショートカットが充実。マウスがなくても玄人ばりにサクサク操作。

「耳栓がわりのアプリも充実」...隣がどんなにうるさい人でも、iPhoneならiPodやミュージックアプリがついている。


ミニマル・ノマドワーキングの基本セットアップ

 まずは、PCとiPhoneの両方にdropboxをインストールして、クラウドを通じたファイル共有を実現します。

tour_1.jpg

  1. PCからオンラインストレージ「dropbox」をダウンロード、新規契約(無料)する。
  2. iPhoneにも、「dropbox」(無料)をインストールする。(AppStoreからダウンロードしよう)


参考:同期型オンラインストレージ『Dropbox』をはじめよう

これで、PCとiPhoneのファイルが共有されました!


iPhoneとBluetoothキーボードのペアリング(接続)

 次に、iPhoneでBluetoothキーボードがつかえるように、設定します。

  1. キーボードを開いて、電池を入れて、「Fn」と「半角/全角」キーを押してペアリングモードにする。(キーボードの青いLEDが点滅)
  2. iPhoneの「設定」アイコンから、「一般」→「Bluetooth」→「オン」にします。すると、iPhoneの画面にパスワードが表示。
  3. キーボードでそのパスワードを見ながら、入力すれば、ペアリング完了。

 「cmd」キーと「スペース」を同時に押すと、日本語入力がオンになります。

※詳しくは、マニュアルを見ましょう。


「Plain Text」で メモをPCとiPhoneでリアルタイム共有する

header2.png

 報告書の下書きやToDoリスト、アイデアメモなどに欠かせないのが、テキストファイル(PCのメモ帳)によるメモです。

 「Plain text」を使えば、iPhoneからメモを追加すればdropboxを介して、自動的にPCのマイドキュメントにメモが送られ、反対にPCで作ったメモも、iPhoneから簡単に手直し・修正することができるようになります。

 iPhoneにもメモ帳がついており、PCと連動も可能ですが、連動先が「メール」なので、どうも使い勝手がよくありません。

 この方式をつかえば、PCのなれ親しんだエクスプローラーでファイルを管理でき、iPhoneからもリアルタイムで編集が可能です。

 紙ナプキンへの走り書き(アナログ)⇔Plain Text(デジタル)を、行き来しながらアイデアをブラッシュアップすれば、かなりアイデアも形になります。



セットアップ

  1. iPhoneに「Plain text」(無料)をインストール。(AppStoreから入手)
  2. 「Plain Text」をタップして起動。右下の設定ボタンをタップ
  3. メニューから「Dropbox」を選択し、IDとパスワードを入力。これでdropboxと接続完了です。
  4. PCの「My Dropbox」フォルダに「Plain text」というフォルダができたことを確認しましょう。iPhoneからメモを書くと、このフォルダにどんどん追加されていきます。
  5. 「Plain text」はBluetoothキーボードに対応しています。コピー&ペーストもCmd+C、Cmd+Vでパソコンと同じようにできます。上下左右キーでカーソルの移動もラクラクです。

 これで外出先でも、ノートパソコンと同じ快適さでメモ編集ができます。


「iThought」と「Free Mind」でマインドマップを連動させる

mindmapp.png

 考えやコンセプトを整理したり、一人でブレストするときに重宝するのが、マインドマップです。

 ノマドワーキングは、ルーティン業務よりも、クリエイティブな仕事に向いているといわれます。また、マインドマップも同じくクリエイティブな仕事に向いています。

 すなわち、ノマドワーキング×マインドマップは創造的になりうる場所と方法の最高のタッグなのです。

 さぁ、導入しましょう。

 ※こちらも、紙ナプキンへの走り書き(アナログ)と併用すると、とても刺激になります。



セットアップ

  1. iPhoneに、マインドマップ作成ソフト「iThoughts」(900円)をインストールします。
  2. 「iThought」を起動して、左下の「Transfer」から「Open dropbox」のタップします。
  3. dropboxのIDとパスワードを入力して、接続します。
  4. 次にひとつ前の画面に戻り、「Export Options」をタップして、「Freemind 0.9.x(.mm)」を選択します。
  5. つづいて、PCにマインドマップ作成ソフト「Freemind 0.9.0」をインストールします。
  6. これで、iPhone、PCのどちらのアプリでマインドマップを作っても同じファイル形式(*.mm)となり、dropboxを介して双方向からファイル編集ができるようになります。

※残念ながら、「iThoughts」はBluetoothキーボードに対応していません(2010年10月時点)。ただし、マインドマップという特性上、指先でノードを動かしたり、追加したりする方が頭が刺激される気がします。


「Documents to Go」で外出先でもオフィス(Word、Excel、PowerPoint)を編集する

docstogo.jpg

 私たちのビジネスの現場で最もやり取りされるファイル形式はオフィス(Word、Excel、PowerPoint)形式ではないでしょうか?

 そして仕事で重要な役割をはたすのも、このファイルです。
 Excelで作ったスケジュール表や見積書、計算表。
 PowerPointで作った大事なプレゼンテーション。
 会社をでた直後に、間違いに気がついて 直したくなったりします。

 「Documents to Go」があれば、Bluetoothキーボードで、ノートパソコン並に編集することができます。ショートカットも充実しており、Excelではコピー&ペーストはもちろん、セルの移動や選択、やり直し(Undo)までサクサク動きます。書式設定は弱い部分もありますが、仕上げの直前までなら、iPhoneだけで作ることだって可能です。



セットアップ

  1. iPhoneに「Documents to Go」(2,000円)をインストールします。
  2. 「Documents to Go」を起動し、画面下から「Online」メニューをタップします。
  3. 右上の追加ボタンから「Dropbox」を選択し、IDとパスワードを入力して接続します。
  4. PCのオフィスで作った文書をdropboxにいれておけば、いつでも編集できるようになります。


「ibis Mail」でメールにdropboxからファイルを添付する・印刷する

drpbx.jpg お客さんから大事なファイルをメールでいただいたり、ノマドワーキングで仕上げた文書をメールで送信したい時、あなたならどうしますか?
 iPhoneの標準メーラーでは、写真しか添付することができません。

 そこで登場するのが、多機能メールソフト「ibis Mail」です。
 このアプリを使えば、dropboxからメールに添付することができます。
 外出してから気がついたファイルの送り忘れに最適です。

 また、セブンイレブンで展開されているネットプリントサービスに、メールで添付してファイルを送れば、外出先で印刷をすることも可能です。

 プリントアウトし忘れや、急な資料の要求、ノマドワーキングで完成させたファイルのチェックなどに有効活用できます。



セットアップ

  1. iPhoneに「ibis Mail」(900円)をインストールし、メールアカウントの設定をします。
  2. iPhoneのdropboxのアプリケーションから、添付したいファイルをひらきます。
  3. 右下のメニューをタップして、「ibis Mail」を選択します。
  4. すると「ibis Mail」にのアプリケーションに切り替わり、ファイルが添付されています。あとは、送りたい人のアドレスをいれて、送信。
  5. セブンイレブンでプリントアウトもしたい場合は、「ネットプリント」にPCから登録します。
    ※この時、iPhoneから送れるメールアドレスを登録します。
  6. iPhoneのdropboxを起動し、印刷したいファイルをひらき、ibisMailに添付して、「upload@m.netp.jp」にメールを送ります。
  7. iPhoneに「ネットプリント」(無料)をインストール、ログインします。
  8. メニューから「予約番号一覧」をタップし、番号をチェックします。
  9. セブンイレブンのネットプリントの端末に、その入力すれば印刷開始!です。


カフェの周囲がうるさくて、集中できなかったら

amb.jpg カフェに入って、席についたはいいけど、隣の人が楽しくおしゃべりしていて、仕事に集中できない!そんな時があります。

 そんな時、どうしますか?
 根性でガマンしますか?(気にするな~、気にするな~と思うほどに気になったりします)
 それとも、違うお店に移動しますか?(コーヒー代がもったいない!)

 iPhoneなら、便利なアプリケーションがあります。

 集中できる脳波を出してくれる「mind wave」や、波の音、風の音、など自然の環境音を奏でてくれる「Ambiance」。

 これらをオンにして、インナーイヤーイヤフォンをすれば外の音は、ほとんど聞こえません。いつでも集中タイム、です。


手ぶらで仕事に出かけよう!

 さぁ、重たいカバンを持つのをやめて、手ぶらに仕事に出かけよう。

 カフェでも、公園の木かげのベンチでも、海辺でも、あなたの好きなところが、あなたの仕事場です。

 仕事に、自由を。

 ココロとカラダに、新鮮な息吹を。

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!