スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  やる気がでない  > 

「ゼロリセット・ワンゴール」 ー自分をリセットして立ち直る26の方法

http://www.earthinus.com/2010/07/0reset-1goal.html
おすすめ度:立ち直る

「ゼロリセット・ワンゴール」を常に意識。

reboot.jpg 「ハーァ、なんだか最近、力が入ってこない...。」
 どんなに人生経験を積んで成長したとしても、私たちは大失敗をしたり、飽きてしまったり、急にすべてが無意味に思えてしまうことがあります。

 そんな時、あなたはどうしていますか?
 私は、「ここであきらめるのは、もったいない!」と歯を食いしばってがんばるのですが、クタクタに打ちひしがれて、結果的に逃げるように撤退してしまった経験が多々あります。

 まるで、ハエが外を目指して見えないガラスの窓に何度もぶつかり、命を使い切ってしまう、そんな状態です。

 このように人生について行き止まりのように感じる時、どうすれば良いのでしょうか?

 そんな時は、こう考えてみましょう。
 神様が「一旦気持ちをゼロにリフレッシュしてから再スタートしたほうがいいよ」というサインがあなたに送っているのです。

 ゼロリセット・ワンゴールを新たな気持ちで切りましょう。
 今日は、また走りだすための上手なリセット方法をいくつかお伝えいたします。


1.潔く変化を受け入れよう

 「気持ちのやり直し」を自分自身に迫られる。
 それはどんな状態なのでしょうか。

 あなたはもう、昔のあなたじゃない、ということです。
 もう、あなたは同じものや人に惹かれてはいないし、あの時立てたゴールだって今や魅力のないものに変わってしまっているのです。

 それは仕方のないことです。人は毎日、成長し変化するからです。
 一貫性がないだとか、熱しやすく冷めやすいだとか、自分を責めてはいけません。

 昔の気持ちを忘れて(捨てて)、今の気持ちを感じなおしてみましょう。、
 はじめは難しいかもしれません。昔ほど、モチベーションが湧いてこない!と焦ることだってあるかもしれません。

 潔く変化を受け入れよう。
 そうすれば、元の場所に新しい自分がカチッとはまる素早さに驚くことでしょう。


2.思いきって、新しい人の輪に入る

 私たちは、無意識のうちに見知らぬ人を避けていることがあります。
 それがまさに、あなたを退屈や失望、失敗に陥れているのです。

 会う人 会う人を少し見たり話したりしただけで「こういう人だろう」と予想してはいけません。あなた自身が奥深いように、他の人だって数分みただけでどんな人かわかるわけがないのです。

 変な気負いや遠慮は思いきって捨て、いつもの自分を出して、流れに委ねてみましょう。
 新しく出会う人を、フレッシュな気持ちで受け入れて続けていけば、人生は本当に変化していくはずです。


3.しょうがないけど、負けを受け入れる

 仕方がないのです。負けを受け入れましょう。
 そして、進みつづけるのです。何かを失ったかも知れないし、大切な人ともう二度と会えなくなったかもしれません。

 それを受け入れましょう。その現実、そのデータは紛れなく正しいのです。
 はい、だからそこで 自分との戦いはそこで終わりです。
 思考の空回りはしっかりストップさせましょう。

 その空回りをつづけている内は、同じ場所をグルグルまわっているネズミと同じです。時間の無駄、体力の無駄、お金の無駄です。

 戦いが終われば、新しい勝利を手にするチャンスがやってくるのです。
 腹をきめて、受け入れましょう。


4.まとまってなくても、誰かに話す。

 友達じゃなくても構いません、あなたの話を聞いてくれる人ならば。
 自分の今の気持ちを、言葉に変えて 外に出してみるのが目的です。

 話しているうちに気分が良くなるかも知れないし、リアルタイムで整理しているうちに出てきた矛盾から新しいアイデアが生まれるかも知れません。


5.思いきって、リスクをとってしまう

 自分がオロオロしてしまうような、新しいチャレンジをしてみましょう。
 何かを踏み出すのが怖いなら、バンジージャンプをしてみたり、恥ずかしくてできないことがあるならば、人前でのスピーチを買って出るのもひとつの手です。

 人は、「安全な場所から出たくない!」という思いがあります。だからといって、安全な場所からでなければいつまでも、その中で過ごさなくてはいけなくなってしまいます。

 安全な場所を広げるには、安全な場所から思いきって出てみるのが効果的なのです。自分の怖がっていること以上の場所にいってしまえば、その場所はもう安全地帯になるのです。


6.それまでの事を、ワーッと書き出してみる

 小説にしようだとか、あわよくば出版しようだなんて、思わないでください。ただ、飾らずに思いついたままを、あなたの言葉で書き綴っていくのです。そして、「どうして今ここに自分がいるのか」を描いてみましょう。

 はしょらなくても大丈夫です。急ぐ必要もありません。
 あなたは、ひとつひとつ言葉を書いていくごとに、今の現実を認識していくことでしょう。

 何が起きているかがわかれば、問題はほぼ解決したも同然です。
 あとはスマートな解法を見つけるのみです。


7.勝ち負けはコインの裏表であると知る

 勝つ時もあれば、負ける時もある。ずっと勝ち続けることはできない。
 反対に、負ける時もあれば、勝つときもある。
 勝ち負けをコインの裏表なのです。次はわからない。

 だから、勝ち負けに過剰に反応しつづけている内は、幸せにはなれないのです。

 勝ち負けの牢獄を出よう。
 積み上げてきたものを、楽しんで、次に進めばいいのです。


8.今ここを生きる

 今、生きているこの一瞬を受け入れよう。
 なぜなら、その瞬間はもう、二度と訪れないから。

 過去にはいけない。
 もう過ぎ去ってしまった。
 もう過去は存在しない。

 「過去」というのは人間のこしらえた一つの考え方。「未来」も同じ。
 今にしか生きれない。
 だから、それを受け入れよう。

 人は、今をがんばることしか、できない。


9.身の回りも心の中も、大掃除する

 その過去につながっているものを、全部 捨ててしまおう。
 洋服も、モノも、写真も、ガジェットも。

 それが目に付くたびに、あなたは憂鬱な気分を思い出す。
 それを思い出すたびに、あなたはグッタリとやる気を失ってしまう。

 「捨てる」という行為は、自分自身でない物事を認識する作業です。
 つまり、「自分は誰か」という認識の強化につながる大事な作業なのです。
 不要なものを捨てれば捨てるほど、あなたは軽くなったり明るくなったりする気分を感じることでしょう。

 自分自身でない部分を捨てれば、努力はヒィヒィ言うものではなく、もっと自然に熱中するようなものに変化していくはずです。


10.道具をまっさらに一新する

 たとえば、コンピューターを再インストールして、真っさらにしてみましょ。iPhoneを復元して、買った時と同じ状態に戻してみましょう。同じ真っ白の手帳を買い換えてみましょう。

 いらないもの・必要なかったものは、そのまま忘れ去られるはずです。
 (きっと、いらないものがほとんどのはずです。)

 反対に、必要なものは必要にかられて、より適切であなたに調和した形で、再構築されるでしょう。一新する前後で、違ったものになったのだとしたら、あなたはそれが必要だったということです。
 そんな思い切ったリセットが必要だったということです。

 より身軽になって、スピードもあがるはずです。
 自分の背中を押してみましょう。


11.再設計する

 自分の交友関係や、目的、社会との関わり、キャラクター。
 そういったもののベストを、再設計してみましょう。

 古い自分は、もう時代遅れではありませんか?
 そういう部分は廃止してしまいましょう。


12.「小さな」新しいパターンを取りいれる

 大きな変化を起こすというのは、小さないくつかのパターンを変えるということです。

 理想の自分が取りうる「小さなパターン」を洗い出してみましょう。
 それをどんどん部分的に、取りれていくのです。

 やがて古いパターンを断ち切られ、新しい自分をつくる着実な一歩が刻まれていくでしょう。変化とはその積み重ねでしか無いのです。


13.昔の友人に連絡してみる

 10年以上 連絡をとっていない友達を探しましょう。そして、連絡をとってみるのです。話を聞いて、その友達がどのように人生を歩んできたか理解しましょう。

 あなたとその友人は、途中まで同じ道を歩んでいました。
 しかし、あるタイミングやきっかけで別々になっていったのです。

 そういった共通点もあり異なる生活を送っている友人の話は、新しい視点をあたえてくれるかもしれません。


14.引っ越す

 違う場所へ引っ越してみましょう。自分を取り巻く環境というのは、記憶そのものなのです。環境を変えることで、古い記憶は薄れていくことでしょう。
 違う街へ、場合によっては違う国へ引越してみましょう。
 それが難しいなら、毎日訪れている場所をかえる、道をかえる、それでも高価があるはずです。

 はじめは不慣れなことや大変なこともありますが、変化を促してくれることでしょう。


15.熱中しているゲームを変える

 私たちはいつもゲームをプレイしています。
 「キャリアアップ」というゲーム、「家族」というゲーム、「収入アップ」というゲーム。「恋愛」というゲーム。

 あなたは今、どんなゲームに熱中していますか?
 あなたのゲームの得点は何で、100点満点中 何点を稼いでいますか?

 よくよく考えたら無意味なゲーム、退屈なゲーム、自分が死んでいるように感じるゲームは、考えなおしてみましょう。そのゲームであなたが稼ごうとしているスコアは意味がありますか?本当は、どのスコアが欲しいですか?

 人生というゲーム機のソフトを入れ替えてみましょう。


16.よく笑う・笑いを見つける・笑いを作る

 厳しい現実や、退屈な毎日を目の当たりにしているときでも、あなたは毎日の生活の中に「笑い」を取りいれるようにしていますか?

 「あんなつまらないことで笑うなんて」と他人をさげすむのはやめましょう。笑っている人はエライのです。

 日々の生活に、笑いを見つけるようにする。笑いを作るようにする。
 そして、声に出して顔や体全体で笑うようにする。
 これだけでも、毎日に大きな違いがでてきます。

 責任感、ストレス、真剣さ。
 それを持つのも大事ですが、行き過ぎると逆効果になることがあります。もしかすると、今の状態も 真面目すぎた逆効果かもしれません。

 心から笑えば、心は解き放たれるし、笑いを通して 凝り固まっていた考え方が溶け出すことだってあります。
 きっと、周りの人もこわばったあなたより、笑顔のあなたに手を差し伸べるに違いありません。

 よく笑うように心がけましょう。


17.他の誰かに、教えてみる

 誰にでも才能があります。特別な能力や、面白い考え方、モノの見え方があるのです。それを、友人や家族に教えてあげましょう。

 必ずしもそれが、ずば抜けたレベルである必要はありません。
 他人に教えるという行為は、自分に教えることに直結しますし、知識の整理や強化、体系化に大きな役割を果たすのです。

 そんな時間を共有する中で、あなたは反応や発見を得ることができます。
 一人の人間が考えることには気がつけない限界があるものです。
 相互作用こそ、インスピレーションを生み出すカギなのです。


18.「Yes」を言いに行く

 新しいことへの抵抗をしている限り、新しい変化は訪れることがありません。

 本質的な変化というのは、Yesをいう余裕によって 創りだされていきます。Yesと言いたいのに、Yesが口から出てこない。Yesを言いに行きたいのに、足が動かない。

 それはきっと、能力以上のことをやる恐ろしさがあるからだと思います。
 世の中には、何の保証もないことが溢れています。保証のないところからスタートして物事を成し遂げる事が求められているし、保証があると思っていても、刻一刻と変化する状況の中で、その保証が無意味になってしまうことだってあるのです。

 やりたいのならYesと言って、今 この瞬間にベストを尽くすしかないのです。


19.キッパリと「No」を言う

 注力すると決めたもの以外は、キッパリとNoを言いましょう。
 不必要なものにYesを言えば、あなたの中に、また「自分ではない部分」が作られていきます。それが足枷となり、あなたのフットワークを奪い、気持ちを暗くし、時間を浪費させるのです。

 また、そういった無責任でベストでない状態で、物事を受け入れても頼んだ相手はガッカリ失望するだけでしょう。
 責任の質を向上させましょう。けして量を増やしてはいけません。

 上手なNo、合理的なNo、思いやりのあるNoをいえるようになりましょう。


20.「バカ」になってみる

 失敗の恐怖。これこそが、私たちが新しいチャレンジを阻害する大敵です。笑われたらどうしよう、他人の目が気になる、そんなことが頭の中をグルグル回り始めてしまうのです。

 しかし、あなたの過去の経験を思い返してみてください。
 振り返ると、「無知だからこそできた」バカなチャレンジと成功はありませんでしたか?それも今の自分を形作っている大事なチャレンジが。

 当たり前の話ですが、はじめる前に全ての道すじや結果を知ることは、できません。

 普段、私たちはバカにならないことに意識を集中していますが、もし 新鮮な気持ちで再スタートを切るのならば、「バカ」になってみるのも大事なことなのです。


21.自分にインタビューしてみる

 あなたは、みんながその人気の秘密を知りたがるスターだったとしましょう。この世界を光で照らす、英雄なのです。

 そんな自分にインタビューをしてみましょう。
 栄光をふりかえって、心を開いて 本当のことを正直に、話してみるのです。そして、それを読み返してみましょう。きっと、発見があるはずです。


22.レンズの焦点を調節する

 人生を正しく見るためのレンズが曇っていると、大切なことを見過ごしがちです。それは、何を撮ったらいいのか、はたまたどこに焦点をあてたらいいのかがわからないカメラに似ています。

 少し焦点をひいてみたり、近づけてみたりして、何を見るべきかしっかりと調整しましょう。


23.一日を「反応 < 行動」にする。

 私たちの日々の生活は、何かへの「反応」がほとんどです。
 仕事に反応したり、上司やお客さんに反応したり、自分の役割に反応したり、家族に反応したり、広告に反応したり。

 何か起きたことに反応をつづけている限り、人生への意識の感度はどんどん鈍っていき、フレッシュな気持ちで再スタートをきることはとてもむずかしくなってしまいます。

 反応がメインになると、何かに追われるだけの しんどくて退屈な毎日に飲み込まれてしまうからです。

 自分の価値基準で判断をして、先んじて行動しましょう。
 けして恐怖や拒絶にまけることなく。

 一日の時間が、反応 < 行動に変わったら、新しい道が開けるに違いありません。


24.意味のない問題を解きつづけるのをやめる

 本当に、本当に、大事で意味があることに集中しましょう。
 誰かに言われたことや、対抗心、意地の張り合い、そういうものに囚われるのは無意味です。

 目の前に はまりやすい問題が転がっていると、私たちはそれを解きたくなってしまいますが、それが「本当に、本当に、大事で意味があるのか?」しっかりと再考しましょう。

 近道があります。スマートかつ戦略的に対応しましょう。


25.「できること」よりも「やること(意志)」を言い聞かせる

 私たちはつねに自分自身に、言葉を言い聞かせています。
 それが私たちを形作り、ひいては現在の人生を構成していくのです。

 「できること」を言い聞かせ続けていても、変化はありません。
 それよりも、自分のやりたい事、そしてやること(意志)を自分自身に言い聞かせましょう。

 変化とは、自己との対話です。
 生産的な対話が、素晴らしい結果を生み出すのです。


26.完璧主義をやめて、肩の荷を下ろして取りくむ

 完璧主義は、最も大きな心のワナです。
 不完全を避けて、ものごとをやり切ることができなかったり、世に発表できなかったとしたら、それは不完全以下の「無意味」です。
 ゼロです。

 不完全さは、ジグソーパズルのピースのようなもの。
 すなわち、あなたはジグソーパズルのピースのようなもの。

 世界は全体として、助け合って成り立っています。
 不完全さを表に出すことで、あなたを補完してくれる何かが集まってくることを信頼しましょう。

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!
 トラックバック(1)