スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  やる気がでない  > 

ストレス・プレッシャーゼロの達成術 ー 「上手な失敗」を設計する検証主義のススメ

http://www.earthinus.com/2010/05/zerostress.html
おすすめ度:プレッシャー

チャレンジが、人生をかがやかせる。

tegotaetop.jpg どんな人にも、苦難を乗り越えた大きなチャレンジがあります。

 目をとじて想像するだけで、手応えがよみがえり、一生懸命に打ち込んだ日々が浮かびませんか?

「絶対、無理だと思っていたことを実現した」
「みんなにダメだと思われていたことを成し遂げた」
「たくさんの人に喜んでもらった」
「ナンバーワンになれた」
「大好きな人に告白できた」

 人生は、チャレンジを通して成長し、チャレンジを通して花開くのではないでしょうか。

 

しかし、挑戦には「失敗」や「停滞」がつきもの

 しかし、新しいチャレンジには常に失敗や停滞がつきまといます。

 失敗はとても、つらいものです。失敗すれば、すべてを台なしにしてしまうこともあります。自分を辛く責めて、食事も睡眠もままならなくなってしまう人もいるかもしれません。

 "痛いもの"は避けるのが、私たち人間の性質です。一度失敗すると、次のチャレンジが怖くなり、だんだんと挑戦のない道へそれてしまいたくなります。
 そして人生の停滞がはじまり、イライラが募り、気力が低下してしまうのです。

 その失敗の「痛み」が大きければ大きいほど、私たちは尻込みしてしまいます。
 失敗のプレッシャーこそが、私たちの新しいチャレンジを阻む大きな要因なのです。

 しかし、ウォルト・ディズニーが言うように、「現状維持では後退するばかり」なのです。

 失敗のプレッシャーに足をとられるのではなく、ワクワクするような手応えに後押しされるようにするには、どうすれば良いのでしょうか?


失敗のプレッシャーを最小化するには?

 どうして私たちは、失敗に大きなプレッシャーを感じてしまうのでしょうか?


失敗のプレッシャーを感じてしまう理由:
  1. 一度失敗したら、もとに戻せないから
  2. 最善の策が思いつかないから
  3. 傷つくから
  4. 人、モノ、金、情報、エネルギーなどの資源がムダになってしまうから
  5. 信頼が落ちる・迷惑がかかるから
  6. 責任が取れないから

 これではまさに、「生か死か」のロシアン・ルーレットです。
 プレッシャーというなのムチに体を打たれ、身も心もボロボロになってしまいます。

 しかし、これがもし、以下のようになっていたら、失敗のプレッシャーなど感じないと思いませんか?



失敗しても次に活かせる条件:
  1. 失敗しても、もとに戻せる [リセット復元率が高い]
  2. 失敗しても、最善の策を見つける手がかりになる [次の失敗率の低下、成功率の向上]
  3. 失敗しても、傷つかない [低ダメージである]
  4. 失敗しても、人、モノ、金、情報、エネルギーなどの資源が役に立つ [成功以外の目的を兼ねている]
  5. 失敗しても、信頼があがり、迷惑がかからない [説明可能・学習可能な状態である]

 一言で言えば、「上手な失敗」が設計されている、と言える状態です。
 上のような"都合の良い"条件をみたし、失敗をその名の通り「成功の母」とするには一体どうすればよいのでしょうか?

 それは思い切って「挑戦」を「検証」と位置づけてしまうことです。

 「人生は、命をかけてすべてを注ぎ込む一発勝負!」ではなく、「あらゆることは、ただの検証だ。上手な失敗を設計し、謙虚に着実に取り組もう」と気を抜いてみるのです。

 人生も仕事も恋愛も夢も、新しい挑戦の一歩を成功のための「ギャンブル」ではなくて、「検証」となるように設計してみませんか?


検証主義のもたらす変化 "一発成功より「ワクワクする手ごたえ」を見つけよう"

 一発成功をねらう挑戦主義とワクワクする手応えを探す検証主義には、以下のような違いがあります。

挑戦主義検証主義
目的一発で成功すること「ワクワクする手ごたえ」を探すこと
失敗すると痛恨の一撃を食らう会心の一撃の手がかりになる
失敗のダメージは想定外織り込み済み
失敗までの時間失敗はなるべく先延ばしにする失敗は早いほどいい
行動はなかなか起こせないとてもスピーディ
大差をつけるには微差など意味がない微差の積み重ねが大差を生む
精神状態張りつめたプレッシャークリエイティブなリラックス
提供すべきものは与える側が考える受け取る側から聞き出す
重要指標顧客満足度フィードバックの質と量
タスクの大きさ品質をあげるための最大フィードバックを得るための最小(ミニマル)
狙い全部ホームラン3割の確実なヒット


 「挑戦」をやめて「検証」するようにすれば、違った角度から冷静に人生の難問を見つめられるかもしれません。
 また、恐る恐るのチャレンジが、希望の垣間見えるチャレンジに変えられる可能性もあるのです。

 すべてが検証できるものとは限りませんが、自分でコントロールできる仕事や恋愛、目標達成については、このような方針に変えてすすむことで、失敗の恐れを減らし、手応えを感じるプロセスに入っていくことができます。

 それでは、検証主義に移行するためのポイントをいくつかご紹介します。


1.投げやりな「ダメ元」チャレンジをしない

 まず第一条件として、いくら失敗を織り込んだ挑戦であっても、投げやりな「ダメ元」でチャレンジしていたのでは、失敗から何も学ぶことができません。ワクワクする手ごたえどころか、モチベーションも落ちてしまいます。

 しっかりと緊張感を持ち、前進するための小さな一歩を着実に踏むことを念頭に取りくみましょう。


"Try and fail, but don't fail to try."
挑戦し失敗しなさい。しかし、挑戦に失敗してはいけない。
by Stephen Kaggwa


2.しっかり仮説をたてる

 何を検証するのかが、ぼんやりしていると、失敗をしてもそこから何も学べず、ただの時間の無駄になってしまいます。

 次の失敗率をさげ、成功率をあげるために、どのリスクをつぶし、どの可能性を検証しているのか、それを明確にしておきましょう。

 また、多くの協力者がいるときに、その失敗から何を学んだのか「説明可能・学習可能」にしておく事も大事であり、そこで重要視されるのが事前の仮説でもあります。

 「結果が、具体的に何に左右されるのか」仮説を立てましょう。どこに手ごたえのスイッチがあるのか、あたりをつけるのです。


仮説を立てるヒント:
  • 他の成功例から仮説を立てる
  • 経験から仮説を立てる
  • データから仮説を立てる
  • 聞いたこと、見たことから仮説を立てる
  • その分野の権威の本から仮説を立てる

 しかし、「完璧な仮説」を作ろうとして時間をかけてしまっては、本末転倒です。
 すべてをミニマムに、そしてスピーディに量をこなしましょう。


3.何を検証し、どう測るのかを明らかにする

 仮説を立てたら、検証項目をしっかりと定義しましょう。
 検証項目とは、ワクワクする手ごたえ度を測定する指標です。

 「うまくいきつつあること」「ダメになりつつあること」が本当にわかる指標を定めましょう。

 成功すること以外の目的を兼ねるには、しっかりとした検証が成り立つことが大事です。そして、しっかりとした検証は、しっかりとした検証項目によって支えられるのです。

 また、「低ダメージ化」を実現するために、可能な限りリアルタイムで把握できるようにしておきましょう。


4.検証するために、最小化する

 何を確かめるか明確になったら、どうすれば最も小さい単位で、最大の効果検証が行えるかを考えましょう。
 それが確かめられる最も小さい単位を設計するのです。


最小化すべきことのヒント:
  • 検証個数の最小化 ... 確かめたいものだけ確かめられるようになっているか?
  • 検証サイズの最小化 ... もっと小さくても検証できないか?
  • 検証期間の最小化 ... もっと短くても検証できないか?
  • 検証コストの最小化 ... もっと低コストで検証できないか?

 こうしておくことで、早く失敗できる、リセットができる、低ダメージにできる、低コストにできるというメリットがあるはずです。


5.最小単位で複数回 検証をする

 あなたが検証項目を絞り込んでいたとしても、現実社会には様々な要因があるため、全く想定されていない他の要因に影響されている可能性もあります。

 そのため、同じ検証を何度か繰り返し行いましょう。
 結果が大きく変わらないのであればOKですが、やる度に結果が大きく変る場合は、他の影響要因がある可能性があります。

 ステップ2に戻って、仮説を立てなおしましょう。


6.手ごたえを感じワクワクしたら、すぐに行動に移す

 検証の結果、手応えを感じたら スピーディかつ少しずつ行動を大きくして行きましょう。

 仮説が外れていたり、仮説が当たっていたとしても影響が微々たるものだった場合は、学ぶべきを学び、リセットしましょう。

 思うような手ごたえが得られなくても、あなたの行った行動は以下の意味で役に立っているはずです。


失敗しても以下の得をする:
  • 「本番環境」で信ぴょう性の高い検証ができた
  • コミュニケーションをとれた
  • 研究ができた
  • 同じ失敗がもう起きないようになった
  • 関係性を育てられた
  • 次の成功率があがった
  • 失敗のアウトプットで、関係者の役に立った
  • 多方面からフィードバックを得られた

 あなたは、「上手な失敗」をしたのです。


明確な「How」。それが「ワクワクする手応え」

 チャレンジが楽しいと思えるためには、「Howが明確である」ことがとても重要です。

 そして、「Howが明確である」ということは、試してみた方法にワクワクするほどの手ごたえがあるということです。

 これはチームで動く上でも大事なことです。
 いかに「打てば響く」箇所を発見し、関係者を"希望"でドライブできるかが、リーダーの大事な素質と言えるかもしれません。
 失敗のプレッシャーや恐怖、上下関係で人を動かしているようでは、誰も幸せにはなりません。

 挑戦から検証へ。完璧主義を捨てて、小さな検証を行うミニマリスト(最小限主義者)になってみませんか?

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!