スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  シンプルな生活・人生  > 

気分スッキリ!身の回りを綺麗にシンプル化する5ステップ [整理整頓術]

http://www.earthinus.com/2010/04/how-to-clean-your-home.html

tidytop.jpg

「清潔」は、幸せとパワーの第一条件

 身の回りがキレイに掃除されていて、美しく整理整頓されていると、毎日はとっても快適になります。
 モノがびっしりと置かれている代わりに、美しいスペースが目に飛び込み、あちこち散らかってイライラしてしまう代わりに、どれもが整頓され、胸がスッキリするような空間が広がる。

 風水では、身近なところを清潔に保つこと以下のようメリットがあるといわれています。


  • 運気が上昇する
  • 健康になる
  • 集中力があがる
  • 人間関係がよくなる
  • お金がたまる

 何よりも、清々しい環境に身をおくことはとても気持ちいいですよね。

 反対に、ガラクタだらけの汚い環境に身をおくことの心身への毒性は以前、このブログで紹介しました。

 忙しい私たちは、普段はなかなか掃除や整理整頓に着手することができません。次の連休を利用して、思い切って、お部屋のデトックスに取り組んでみるのはいかがでしょうか?

 身の回りは、自分の心の中の鏡。きっと、心身もスッキリ!するはずです。


身の回りを綺麗にシンプル化する効率的な掃除・整理整頓の手順とは?

 大掛かりな掃除や整理整頓をするのは、年末の大掃除ぐらいで「どうやったらいいのか?」「どこから手をつければいいのか?」がわからない方もいるかもしれません。

 ここでは「思い切った掃除・整理整頓の5ステップ」を紹介いたします。


1.全部、外に出して「空」にする

 「思い切った掃除」をしなければ、結局すべてが中途半端になってしまいます。

 まずは、意を決して全部外に出しましょう。
 上に乗っかっているもの、中に入っているもの、下にしまってあるものを、とにかく全部、どかしてしまうのです。

 ここで整理しようとか、どれを残してどれを捨てようという判断はいりません。ひたすら、無心で外に出して行けばいいのです。

 全部、出し終わると、なんだか心のつかえがとれたようにスッキリするはずです


2.掃除する

 全部 外に出し終わったら、掃除機で吸ったり、ぞうきんで拭いたりして、綺麗にしましょう。デスクやクローゼットなら、空っぽで軽くなっているはずなので裏側を拭いたり、一旦、どかして床も掃除しましょう。

 長い間、掃除をしていなかった場所だとしたら、とてつもなく汚いはずです。しかし、風水的に言えば、このゴミやチリがあなたの心に溜まっていた汚れや迷い、毒物なのです。

 キレイにすることで、自分の中の調和したバランスが取り戻されるかもしれません。


3.瞬時に「いらないもの」「いるもの」に分ける

 次に、外に出したものを「いらないもの」と「いるもの」を分けましょう。

 8:2の法則をご存知でしょうか。「人生で大事な8割は、重要な2割によって、作り出されている」という法則です。
 あなたの幸せに貢献している2割だけを残し、他の8割は捨てる気で、選り分けましょう。

 「保留」はナシです。保留をありにしてしまうと、結局前とほとんど変わらない状態になってしまうからです。

 ここで、一つ一つ吟味していると、時間がいくらあっても足りません。ゴミ箱を片手にもって、瞬時に判断して捨てて行くのが重要です。

 まず、以下のものはゴミです。潔く捨てましょう。


  • 半年以上、使っていないもの
  • これから 使う確率の方が低いもの
  • 壊れているもの
  • 腐っているもの(広い意味で)
  • 邪魔なもの
  • 未完成や未完了のもの
  • 落ち込ませるもの・元気を奪うもの
  • いやいや使っているもの
  • 飽きたもの
  • 余剰なもの
  • とても汚れていて、もう汚れが取れないもの

 なかには、明らかに上の条件に当てはまるのにも関わらず、「捨てる不安」をかき立ててくるものがあります。

 これらの感情はとても強く、しかももっともらしく聞こえます。
 「捨てられない症」に打ち勝つにはどうしたらいいのでしょうか?


「また、必要になったらどうしよう」「まだ使えるかもしれないし、もったいないなぁ」という不安があるなら
必要になる確率を、冷静に頭の中で考えましょう。確率が低いなら、スペースの節約、心の健康、運気のアップのために手放しましょう。私たちは柔軟な人間です。我慢したり、他の物での代用したり、人から借りたり、中古品を買ったりして乗り切ることができます。


「これは貰い物だから、捨てるのは気がひける...」「思い出の品だしなぁ」という不安があるなら
本当に自分にとって必要かを10段階で評価しましょう。評価が低いなら、写真に撮ったり、データにしてパソコンに取り込んだりして捨てましょう。


3.すべてに「ホームポジション」を。

 残すと決めたものには、すべて「戻す場所(ホームポジション)」を決めましょう。
 使った後はホームポジションへ戻し、ホームポジション以外にものをおくことを禁止します。

 また一度決めたら、ホームポジションの数はもちろん、面積も増やしてはいけません。

 ホームポジションには、余裕を持ち、何かを加えたら、何かを減らし、全体が常に見渡せるようコンパクトにして置きましょう。

 残したものに、すべてホームポジションを設定しようとすると、場所が足りなくなる場合があります。その場合は、場所を増やす前に「これは捨てられるか?」と考えましょう。


4.整理しながら戻す

 余裕をもったホームポジションを決めたら、整理をしながらもとに戻しましょう。頻繁にアクセスするものを上・手前に、あまりアクセスしないものを下・奥において行きましょう。

 そして、下・奥にあるものは、定期的にチェックし、捨てましょう。


「捨てる」以外にものを手放す方法について

 いらないものは、捨てる以外にも処分する方法があります。
 以下のような方法を検討してみるのもいいかもしれません。


  • 寄付する
  • リサイクルする
  • 中古屋さんに売る
  • フリーマーケットに出す
  • インターネットのオークションで売る
  • 友人にあげる

 しかし、これらの方法は捨てるのに比べて、大きな労力と時間がかかります。これらの行動を取るのに腰が重くなり、ガラクタをためてしまっては本末転倒です。
 寄付やリサイクルにこだわって、ものが捨てられなくなるのなら、さっさと捨ててしまいましょう。


どこから手をつければいい?

 掃除・整理整頓の手順はなんとなく、お分かりになりましたでしょうか?

 しかし、片付いていない場所はたくさんあると思います。
 一つとりかかるのにも多くの労力がかかるため、「一体、どこから取り組めばいいのか」がわからない方もいるかもしれません。

 自分の調子の悪い部分が、どこをキレイにすると効くのかについて、風水などの研究でわかっている部分がありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?(これはあくまで言い伝えであり、科学的根拠のあるものではありません。また風水の流派によって、異なる場合もあります)


心がグラグラしていて安定性がない
寝室をキレイにしましょう。寝室は家の中で、もっとも安心できる場所でないといけません。寝るときに部屋が汚かったり、ゴチャゴチャしていると、気がつかないうちに気分が悪くなり、睡眠が浅くなり、心が不安定になっているかもしれません。


金銭問題で悩んでいる
トイレと水まわり・お財布をキレイにしましょう。汚れを流すところが淀んでいると、お金の流れも淀んでしまうと言われています。裏側や内側など、念入りにお掃除しましょう。お財布は、お札の向きをそろえ、硬貨を最小限にし、いらないカードやクーポン、レシートを全部すて、中のホコリとチリを全部キレイにしましょう。


過去を引きずっている
物置きや納戸の奥をキレイにしましょう。ゴミ箱のように未解決のものを、物置きに突っ込んでいると、知らず知らずのうちに、頭の中も未解決のものだらけになってしまいます。未解決のものは、あなたのメモリーを食いつぶし、今に集中するエネルギーを奪ってしまいます。


集中できない・忘れっぽい・焦っている
デスクをキレイにしましょう。できれば仕事のメインに使っている会社のデスクです。清潔は集中の第一条件です。あちこに目を奪ったり、心を奪ったり、自尊心を下げるようなものがあると、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。塵ひとつないほどにキレイにしましょう。


悩みが絶えない・頭でっかち
本棚を整理しましょう。いらない本を全部 捨てましょう。もう役に立たず、あなたの足をひっぱるだけの知識が本棚に詰まっているのです。本棚を必要最小限にし、新しいスペースを作っておけば、新しい知識がまた手に入ります。


対人関係に悩んでいる
玄関をキレイにしましょう。玄関は家の入口。あなたが他人との関係に悩むのは、あなたの入口が汚くなっているからかもしれません。下駄箱から床、ディスプレイ、電気などを全部キレイにしましょう。


ダイエットが出来ない
キッチン・冷蔵庫とクローゼットをキレイにしましょう。洗い物はためずに毎日、やりましょう。冷蔵庫の中の賞味期限切れのものは全部捨てましょう。使っていない調味料もです。クローゼットは、きつい服・ダサい服・着ない服を全部捨てましょう。食べるものと着るものをクリーンにすれば、自然と痩せていけるはずです。


ミニマリスト(最小限主義者)になろう

 人生をシンプルで、クリーンにしましょう。
 そうすれば、調和した生活がおくれるようになります。

 物があふれる時代です。足るを知り、必要なものと不必要なものを見分けましょう。

 持ちものを必要な最小限に絞り込むことで、人生の自由が広がります。

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!
 トラックバック(1)