スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  やる気がでない  > 

【目標の立て方】やる気の出ない目標を「達成できる」目標に変える10の方法

http://www.earthinus.com/2010/02/how-to-achieve-goal.html
おすすめ度:達成の科学

達成できるかできないかは、根性よりも「目標の立て方」にかかっている

win.jpg 目標を立てたけど、だんだんツラくなって止めてしまった経験はありませんか?それ以前に、「目標を設定するなんて疲れるからしない」という人もいるかもしれません。

 一方で、いい目標を立ててモチベーションがアップして、それをみごと達成して素敵な人生へと変化させた人もいます。
 あなたもその一人かもしれません。

 自分をダメにしてしまう目標、自分を最高にしてくれる目標、これらの違いは何なのでしょうか?
 正しく効果的な目標と、そうでない目標。
 実はそこには、明確な違いがあるのです。


いい目標はあなたを成功に突き動かしてくれる。悪い目標はあなたの足を引っ張る。

 目標を設定しても達成できないと悩んでいる人は「ナマケモノだから」ではなく、「目標の立て方が悪い」だけかもしれません。

 目標の良し悪しで、空いているハイウェイを走るのか、舗装もされていない茂みを走るのかが決まります。

 やる気がでて達成しやすい目標をつくるコツ、つまり、最高のあなたを育ててくれる目標作りの10のポイントをご紹介します。

 人生の目標をたてて、楽しい毎日を送りましょう。


達成しやすい目標をつくる10のポイント

 それでは、足をひっぱる目標を、成功につき動かしてくれる目標に書き直すポイントをみていきましょう。


1.快感度を増やす

その目標達成が自分にとって「気持ちイイ」ものかイメージできるのは、とても重要です。そんなの当たり前!と思うかもしれませんが、意外と私たちは、人(友だちや親、同僚など)から影響された目標や、義務感から湧いてくる目標を追っており、実は内心ウンザリしていることがあります。以下のポイントにあうように調整してみよう:
  • 目をつむってその目標を達成したことを想像すると、感動がわきおこる。
  • 達成ステップをひとつクリアするだけでテンションがあがる。
  • その目標を追い求めることは、自分の人生や価値観にあっている。

×気分の落ちる目標例
上司に怒られないように売上ノルマを達成する
○イキイキする目標例
売上を達成してボーナスを増やして、彼女のいきたがっていたレストランにいく


2.「ニーズ満たし度」を増やす

私たちは自分のニーズをみたすために、目標に追いかけます。人のためにやっていることであっても「喜ぶ顔を見たい」という自分のニーズが隠れているのです。以下のポイントにあうように調整してみよう:
  • その目標を達成すると、とても安定できる。
  • その目標達成はすると、変化のワクワクを感じられる。
  • その目標達成は、大切なあの人のためになる。

×どうでもいい目標例
テストで平均点以上をとる
○満たされる目標例
あこがれのあの学校にいって楽しい生活をおくるために、テストで高得点をとる


3.達成実現性を調整する

目標の難易度はカンタンすぎても難しすぎても、やる気が失われてしまいます。「できるかできないかは半々ぐらいが一番やる気をかきたてる」という研究結果がでています。以下のポイントにあうように調整してみよう:
  • その目標を達成できるという確信は50~60%前後だ。
  • 先人が達成していた目標に似ている。
  • 達成までの方法のイメージがつく。または調べることができる。

×無理な目標例
(経験のない人が)1か月先のトライアスロンを完走する
○ちょうどいい目標例
この前、○○さんが完走したハーフマラソンに3ヶ月間きたえて挑戦する


4.計測できるようにする

「うまくいっているのか」「うまくいっていないのか」かがハッキリとわからないものは、満足も軌道修正もできません。また細かく分けられないものは取り組むことが難しいともいえるでしょう。以下のポイントにあうか考えて修正してみよう:
  • その目標の達成は小さなステップや項目に分かれている。
  • その目標への進捗(しんちょく)は数値で計測可能
  • その目標の達成の進捗は、人に説明できる。

×計測できない目標例
かわいくなるためにやせる
○計測できる目標例
ウエストを3cm、体重を3kg落とす


5.達成できなかった時の痛みをハッキリ認識する

目標に向かって走り出すスタート時には、あなたを突き動かす「痛み」が効果的に働くことがあります。あなたは失ってはいけないもがありますか?以下のポイントをしっかりイメージしてみよう:
  • その目標を達成しないと大切なあの人を苦しめてしまう(悲しませてしまう)。
  • その目標を達成しないと大きなものを失ってしまう。
  • その目標を達成しないと悩み・痛みは消えない。

×痛みのない目標例
失敗してもどうってことのないもの
○痛みのある目標例
やめたいか悩んでいる会社をやめて、いきたい会社に転職する


6.理由を強化する、増やす

人は理由がないと動くことができません。大きな一つの理由(Big Why)、そして出来るかぎりたくさんの種類の小さな理由を書き出してみましょう。以下のポイントを書き出してみよう:
  • その目標を達成しなければいけない強い最大の理由。
  • その目標を達成しなければいけない他の3つの理由。
  • その目標を達成しなければいけない新しい3つの理由。

×理由のない目標例
なんとなくみんながいうから。世間がそういう風潮だから
○理由のある目標例
自分は○○が大好きで、○○以外は考えられない!


7.具体性を高める

目標は○○したいという願望ではなくて、「具体的な行動の結果」になっていないと機能しません。具体的なほど、アイデアもでるし、人も手助けしやすいし、行動しやすいのです。以下のポイントにあうか考えて修正しよう:
  • その目標を達成していることが、他の人からでも一目でわかる。
  • その目標が達成されると、明確な変化がおきる。
  • その目標を達成するには、何をどうできる必要があるかわかる。

×具体的でない目標例
がんばって野菜を食べるようにする
○具体的な目標例
毎朝、ニンジンの野菜ジュースをつくって飲む


8.達成期限を設ける

目標をいつまでに達成するかはとても重要です。人は時間という制約の中で効果的な行動を選び、実行するからです。また〆切りは人を動かすパワーでもあります。以下のポイントにあうか考えて修正しよう:
  • その目標は何年何月何日何時何分にどこで達成されるのかイメージできる。
  • その目標をその期限までにやらなければいけない理由がある。
  • その目標は3~6か月で結果がでる。

×期限のない目標
TOEICで800点とる。
○期限のある目標
海外出張前の6月2日のTOEIC試験で800点とる。


9.自分のコントロール範囲におさめる

景気や天気、他人にあなたは直接はたらきかけ変化させる事はできません自分がコントロールできない所にこだわったり、他人を自分の思うように変えようとしても、それは出来ないことです。自分の影響できるのは自分だけです。自分を変化させる目標をたてましょう。以下のポイントにあうか考えて修正しよう:
  • その目標は自分がコントロールできる範囲になっている。
  • その目標達成の対象に、自分は直接的に影響できる。
  • その目標は人の変化を強要していない。

×コントロール外の目標
別れた彼女と復縁する (彼女の気持ちはコントロールできません)
○コントロール内の目標
別れた彼女に言われたことを反省して二度と繰り返さない


10.応援・手助けされるようにする

目標は一人で追うよりも、心強い先人や、応援してくれるパートナーがいた方が進みが早くなります。あなたの目標には、人が関わりたくなる要素がありますか?以下のポイントにあうか考えて修正しよう:
  • その目標は独善的でなく、みんなのためになる。
  • その目標はだれかを脅かさない
  • その目標はわかりやすく、自然に話しやすい

見放される目標
金持ちになって贅沢したい。
応援される目標
地震で家を失った人たちのために募金を集めたい。


達成しやすい目標をつくったら、紙に書く

 どうでしょうか?あなたの目標は良いものになりましたか?
 目標はどんどん編集して、あなたを鼓舞してくれるパワフルなものに変化させていきましょう。

 そしてある程度固まったら、目標を紙に書きましょう。

 目標を紙に書けば、以下の効用がありとても効果的です。

  • 忘れなくなる
  • 潜在意識にすりこまれる
  • 自分への約束になる
  • 自分でも気がつかないうちに頭が働くようになる
  • 気が引きしまる

 あとは実行あるのみ!がんばりましょう。


うまく目標がつくれなかったら、「捨てる」

 上のリストをみても、目標を良いものに変えられない場合があります。
 どうこねくり回しても、キレイにならない!

 うすうす感じているかもしれませんが、その目標は、おそらく達成できないでしょう。

 それは「ウソの目標」ではないか、と疑ってみましょう。
 マスメディアや他人からなんとなく押しつけられたものかもしれないし、理性や義務感で違った方向にねじまげられたものかもしれません。

 ウソの目標とわかったら、きっぱりと追い求めるのをやめて、捨てましょう。

 捨てれば、捨てるほど、心の雑音が減っていって、自然と自分の本当の人生の目標に気がつくものです。
 コミットメントを増やす一方で、コミットメントを減らすことはもっと大事です。

 数カ月かけて、ゼロになるまで捨てましょう。それがスタートです。


記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!