スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  > 

プランター栽培で育てやすい植物とは?

http://www.earthinus.com/2010/01/planter.html
おすすめ度:プランター 栽培

プランターでグリーンや花を楽しんでみよう

flower2.jpg

便利なマンション住まい。
でも、植物や土が恋しいという声はよく聞きます。
私も小さな南側の窓でプランターに花を植えています。

年間を通した経験で、育てやすい植物、
育てにくい植物が分かってきました。

 
 
 

育てやすい植物とは?検証結果


ビオラ → 難易度1
 大変丈夫で永く次々と花を咲かせます。虫もほとんどつかずとても優秀。
ゼラニューム → 難易度2
 大変丈夫ですが、花後の管理がポイントで栄養を与え損なうと株が
 どんどん細くなってしまいます。栄養を与える時期がポイント。(花後)
 沢山花をつけますが、そのぶん花がら摘みも必要。
シルバーリーフ →難易度1
 何もしなくてもすくすくと育ちます。頼もしいくらい丈夫。
 丈が伸びすぎるので、ある程度の高さでカットして抑えてあげます。
デイジー → 難易度2
 丈夫ですが、水分を必要とし驚くほど早く水切れを起こします。
 毎日の水やりを忘れるとすぐにクタクタになってしまいます。
ミリオンベル → 難易度3
 大量の花を咲かせ大変可愛いのですが、虫がつきやすいのが難点。
 茎がアブラムシまみれという事態も充分あり得ます。
ゴールドマリー → 難易度2
 丈夫で夏から年明けまで次々と花を咲かせます。
 ハダニの被害に遭いやすく薬の散布が必要です。
カランコエ → 難易度2
 花持ちが抜群で、いつまでも楽しませてくれます。
 水分が多いと根腐れしやすいので乾燥気味に育てます。
 花は一気に咲きますが、咲き終わると一気に寂しくなります。
 花を食べに来るヒヨドリも鑑賞することができます。
アイビー → 難易度1
 大変丈夫で、姿が可愛らしくどんな植物とも合うため寄植えに重宝します。
 水切れを起こすとハダニなどの害虫被害に遭いやすいため注意。
 虫がつかないよう葉にときどき水をかけてあげると効果的です。

ミント → 難易度1
 世話がいらないほど丈夫です。根から次々に芽を出すので、
 プランターがミントだらけになるほどです。
 根の生育が激しいので他の植物と一緒に植えない方がよいと思います。
 水切れを起こすとハダニの被害に遭いやすいようです。
日々草 → 難易度1
 とても丈夫で、可愛い花を永く楽しめます。
 日光の量が少ないと花数がぐんと減るため、日なたでの栽培向きです。
ローズマリー → 難易度1
 ミントより若干弱いものの大変丈夫です。窓を開けるだけでよい香りが漂います。
 お料理にも使えるため、おすすめのハーブです。
バジル → 難易度3
 窓を開けるだけで大変よい香りが漂い幸せ気分に浸れます。
 虫の大好物で、さまざまな虫がつきやすいのが難点。
 また、一番上の新芽を取らずに育てると株が弱り病気・虫を呼びます。
 一番上の新芽をどんどん摘んで、横に広がるように育てるのがポイント。

植物が長持ちする花器(花瓶)とは?

flower1.jpg
ベランダで咲いている可愛い植物を部屋の中に飾る場合、できるだけ長く咲いていて欲しいですよね。いろいろな花器がありますが実際一番花が長持ちするのはどの花器(花瓶)なのでしょうか。
それは、備前焼の花器です。
(※写真は備前焼の花器)
 
備前焼の花器は、ガラスのものなどに活けた場合と比べはっきりと違いが出ます。
備前焼は土肌から僅かな空気を取り入れ、水が活性化するためと言われています。
華道の先生に伺ったところ、一番長持ちするのは「備前焼」という答えが返ってきました。少々値がはりますが、素朴で美しく控えめな風合いは花を選ばずどんなものにも合います。
もともと土からで出来ているため自然と植物とも合うのでしょう。
釉のかかり方や、釜の中での火の当たり具合、灰の降った跡による偶然の柄が美しく、決して飽きさせない魅力があります。


植物を育てることによる精神的効果


自分が植物を愛でて幸せな気分になるだけでなく、植物にとっても気持ちのいい道具を揃えてあげる慈悲の心は、結局自分の心に温かさをもたらしてくれるのではないでしょうか。
かつて宇宙船ソユーズ内で麦を育てたという記録が残っています。
無機質で閉鎖的な宇宙船内では精神的支障をきたすことが多いため、試しに麦の苗を育ててみたところ大きな効果があったとされています。
生きている命を慈しむこと、愛情をもって世話をすること、成長を見守ることが精神的な喜びをもたらし、心のゆとりを生むのかもしれません。

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!