スマートフォン版へ切り替える

トップページ >  ミニマリスト・ライフハック  >  健康  > 

好印象!体が若返る「笑い方」「笑顔の作り方」by オノ・ヨーコ

http://www.earthinus.com/2010/01/how-to-smile.html
おすすめ度:笑顔

20100117smile-1st.jpg


笑うと健康になる?

 笑いは健康をもたらす。笑うといいことがおきる。
 そんな風に日本でも世界でも、いわれています。


 「笑いは百薬の長」
 「笑いに勝る良薬なし」
 「If you can't make it better, you can laugh at it.」

 笑いが病をなおす、という研究結果もたくさん出ています。
 でも、毎日テレビを見て笑っているのに、そんな風には感じないなぁという人もいるのではないでしょうか?


オノ・ヨーコさんが実践している笑い方とは?

 元ビートルズのジョン・レノンの妻にして、愛と平和のメッセージを送りつづけるアーティスト「オノ・ヨーコ」さん。

 70歳をこえているのにもかかわらず、世界を飛び回り精力的に活動を行い続けているそのエネルギーには、脱帽する人も多いと思います。

 実は、その「笑い方」には秘訣があるそうです。


若返り幸福になる笑い方の「6段階」

 オノ・ヨーコさんの教える笑い方には6つの段階があり、段階があがるほど幸せな笑い方になっていきます。


第1段階
で笑う

第2段階
と口で笑う

第3段階
心臓と肺と目と口で笑う

第4段階
みぞおち(丹田)と心臓と肺と目と口で笑う

第5段階
胃袋とみぞおちと心臓と肺と目と口で笑う

第6段階
両ひざと胃袋とみぞおちと心臓と肺と目と口で笑う

 全身で笑うのです。

 「幸福だから、笑うのではない。笑うから幸福なのだ」
 という言葉もありますが、先に全身で笑ってしまえば、気分もよくなるし楽しくなります。

 楽しくなってストレスが減れば、免疫力がアップして体が若返り元気になっていきます。

 反対に、口は笑っていても目が笑っていないような笑い方はどうでしょう。
 そんな作り笑いや愛想笑いは、ものすごく疲れますよね。

 体の部分部分で違うことをするのは、とっても疲弊することなのです。


全身で笑えば、好印象にもなる!



20100117smile-2nd.jpg

 まったく笑わない人や、笑いが限りなく小さい人といると、
 「面白くないのかな?」
 「なんかマズいこと言ったかな?」
 「少しはテンション上げて欲しいなぁ」
 と少し残念な気分になってしまいますよね。

 反対に、心臓やみぞおちを震わせて両ひざをピクピクさせて、バカ笑いしている人を見つけたらどうでしょう?

 なんだか、幸せそうだし、裏がなさそうだし、素直そうだし...、友だちになりたいですよね。この人はきっといい人だ!とまで思ってしまうかもしれません。
 とても、好印象です。

 まずは、テレビを見ながらでも「全身で笑うこと」を試してみてはいかがでしょしょうか。
 きっとオセロみたいに、心の内側まで笑いの幸福にみたされていきますよ。

記事をシェアしてもらえると、生きる励みになります(^ ^)

このブログを購読する
RSS | Twitter | Facebook | メール購読

このブログが本になりました!
「人生をシンプルに変えよう!」
三笠書房より発売中!
 トラックバック(1)